恥ずかしながら富山出身の身でありながら、前田普羅の存在を知ったのは、つい最近のことである。
 奥野達夫氏から、『青花堂(しょうげどう)』という小冊子(非売品)を贈呈していただいた。その直前に我がサイトが5万ヒットしたばかりだったので、そのお祝いに戴いたような、勝手な受け止め方をつい、したものだった。
 小生が、前田普羅の存在を認識したのは、実にこの冊子を読んでのことだったのである。

 さて、この「青花堂」という名称だが、これは、版画家の棟方志功が恩義を受けた石崎俊彦氏に呈した堂号である。この小冊子には棟方志功が俳句の雑誌『古志』(昭和22年3月1日発行)に寄せた一文「青花堂先生」が冒頭に載せてある。
 この一文自体、紹介した文章なのだが、その末尾に、堂号を呈した経緯(いきさつ)が書いてある:

 青花堂とは、青い花。たとへれば龍胆(冊子には旧字の表記)のやうな花が好きで藍甕のノゾキを一寸濃くした程度の色が好きだし、そのやうなシットリの気分がたまらないのです。僕に何かそのやうな気持ちを象徴した堂号をつけて下さい。
 そう謂われて、私が記した文字が「青花堂」でした。

 さて、棟方志功については有名だし、「太平洋戦争の末期から六年あまりを福光町で過ごし」たことなど、既に幾許かは紹介も試みてきた。

 ここでは、この度、一周忌を迎える石崎俊彦氏に若干、触れさせてもらう。
 同氏は、富山県は「福光町での棟方志功の最大の協力者だった」とも、本冊子には書かれている。永年福光図書館長を勤め、福光町が「棟方志功記念館愛染苑」を作った時も、事業を推し進める功労者であり同苑の運営の任にもあたったのである。
 情景の棟方志功の一文には、棟方と同氏との関わりやエピソードの幾つかが書かれているのである。また、棟方志功の「版画巻もの」という福光時代独特の方法で刻まれた版画集の刷りを、すべて若き日の同氏が引き受けている。
 同氏の功績は数々あるが、先に進ませてもらう。
 棟方志功同様、富山市に疎開していた前田普羅と棟方志功を結び付けたのも、石崎俊彦氏だったのである。冊子に載っている宇賀田達雄氏による「石崎俊彦と棟方志功」によると、「昭和二十年の初夏の頃、石崎は棟方に頼まれて、棟方の疎開報告と、裏山の白い花の一枝を託されて、富山市に住む前田普羅を訪ねている」のである。
 棟方志功夫妻と前田普羅とが、石崎氏という案内役を得て、昭和二十一年六月には、戦後初めてのピクニック(福光町西郊の桑山)に行き、大変喜んだというエピソードも、宇賀田氏の一文には載っている。

 さて、ようやく本題に入る。
 そう、前田普羅[明治21(1888)~昭和29(1954)]のことである。例えば、下記サイトを覗いてみる:
前田普羅
 このサイトは、「閑話抄」(文責:たいら)というサイトの中のものである。
 東京生まれ(横浜生まれとも)の前田普羅、前歴はいろいろあるが、「句は明治41年24歳頃から松浦為王について始めたようであるが、大正元年頃から「ホトトギス」に投句するようになり、たちまち虚子に認められ賞賛される。」が注目される。
「大正10年、俳誌『加比丹』創刊」し、やがて、『辛夷(こぶし)』の「昭和4年頃からは名実共に主催者となる」わけである。
 富山との絡みで言うと、「関東大震災によって家財一切を焼失し、翌年、報知新聞富山支局長として越中立山の麓、富山市外奥田村に移り住む。彼にとって富山は憧れの地であったようで、以来、同地に長く居ることになる。」のだった。
 この「富山が憧れの地であった」らしいという点の根拠を知りたい(後述することになる)。
 それにしても、富山市外奥田村には、前田普羅のほか、富山県の初代知事だった国重正文氏の私邸が当時知事公舎がないため、その奥田にあったというのと同じ村なのだろうか:
天真寺「松桜閣」
 前田普羅は、やがて、昭和24年には富山を離れるのだが、一時、流浪の境涯を経た後、「昭和26年には東京大田区矢口に新居を構えるが、これは落ちついたというより体調を崩してやむなくという感が強い」という。
 つまり、30年近く富山に居住していた訳だから、実質、後半の人生の大半を富山で過ごしたことになるわけである。
「代表的句集に『能登蒼し』『春寒浅間山』『飛騨紬』」があるという。

月刊人物誌[越中人譚] 第51号 テーマ【俳 壇】
 このサイトでは、「越中風土を詠んだ虚子門下四天王」として前田普羅(まえだふら)の名を挙げると共に、「孤高の詩心を磨いた俳人」として、金尾梅の門(かなお うめのかど)や、「越友会を指導し越中俳壇に貢献」という筏井竹の門(いかだい たけのかど)を挙げている。

 さて、ネットで見つかる限りの前田普羅の句を拾ってみたい。
 まずは、上掲の「前田普羅」から、

 うらがへし又うらがへし大蛾掃く

 帰りなん故郷を指す鳥総松(絶句)

 このサイトから:

 雪山に雪のふり居る夕かな
 ビードロのうす明りして祖母のかんざし
 暁の蝉のきこゆる岬かな
 お蚕せわし梅雨の星出て居たりけり
 いつまでも人のあるける月夜哉

北陸文化考 *** 133 *** -ふるさとの文学風景-
    前田普羅の富山地貌句  八木 光昭(洗足学園魚津短大教授)

 ここには、句集「能登蒼(あお)し』の「序」からとして、【わずか5分で来富決断】という興味深い前田普羅の回想が載せられている:

 「相談に要した五分間は、あまりにも自分の運命を決するには、短か過ぎたかも知れないが、五分間に自分の眼底に去来したものは、荒涼たる能登の国であり、雪をかづいた立山であり、また黒部峡谷であつた。次いではまだ鉄道も通つてゐない飛騨の国なのであった、実は五分間の考慮も長過ぎた、長過ぎた五分間は、自分がそれ等の山海峡谷の姿を、眼底に反芻(はんすう)するのに要した時間なのであつた。」

 上掲のサイトによると、「全国を踏破し、日本の自然の特徴とその美観を説いた志賀重昴(しげたか)の『日本風景論』(明)は、少年時代の普羅に強い印象を残した」ことが、【わずか5分で来富決断】に預かって大きかったという。
 また、「少年の頃(ころ)から普羅は自然科学に強い関心を持っていた」とのことで、「横浜の記者時代、胴乱を下げ毎月の植物野外採集の会に参加しては、牧野富太郎博士等の指導を受けることが楽しみだった」という興味深い記述も見受けられる。
 かなりの読書家らしかったが、「そのうちの多くは科学書・科学雑誌であったようだ」という。以下に読書家の横顔を自ら描いたような自身の句を示す:

 花更(か)へて本積みかへて夜寒なる

「普羅は「地貌(ちぼう)」という言葉を使う。一人一人の人間が別の容貌を持つように、土地にはそれぞれ独特の地貌があるという」、その普羅が、富山に永く在住したのだった。
【二上山に自筆刻んだ碑】があるという、その碑には、下記の句が:

 雪山に雪の降り居る夕べかな

 さらに、下記の句も上掲のサイトに見出された:

 鰤網(ぶりあみ)を越す大波(おおなみ)の見えにけり

 既出している前者は、「普羅が代表句とまで自信を持った」句らしいが、小生には、この句の味わいは、当該の地に立たないと滋味深く楽しめないように思う。雪山があまりに一般的過ぎる気がするのだ。
 小生は、たまたま富山出身の人間であり、「雪の降り居る夕べ」の雰囲気・情緒・厳しさと仄見える情感を少しは子供の頃に感じたから、それなりに思い入れができるというに過ぎない。
 それより、後者の句は、まさに寒ブリ漁の勇壮な様が浮かび上がるようであり、僭越ながら、小生には秀逸に映る。

 このサイトでも、前田普羅が紹介された後、幾つかの句が掲げられている。
 重複を恐れず転記する:

 うしろより初雪ふれり夜の町 :「普羅句集」
 駒ケ岳凍てて巌を落しけり
 病む人の足袋白々とはきにけり
 雪解川名山けづる響かな
 乗鞍のかなた春星かぎりなし
 奥白根かの世の雪をかがやかす
 人殺ろす我かも知らず飛ぶ蛍
 春更けて諸鳥啼くや雲の上
 春昼や古人のごとく雲を見る
 神々の椿こぼるる能登の海
 うらがへし又うらがへし大蛾掃く
 面体をつゝめど二月役者かな
 帰りなん故郷を指す鳥総松(絶句) 
 
 さて、肝腎の(絶句)に垣間見える「鳥総松」とは一体、何だろう。
 例えば、下記サイトを見てみる:
小正月(こしょうがつ)
「門松を14日の「とりまて」に取り除くとき、その跡の穴に小枝を刺す習慣が、沓掛・生子・菅谷地区などに見られる。これをトブサマツ(鳥総松)と呼んでいる。『万葉集』に「鳥総立て足柄山に船木伐り樹に伐りにゆきつ安多良船材を」とあるように、昔、きこりが木を伐ったとき、伐った梢をその株に立てて山神をまつったという習俗、当地の正月行事に今も生きている」という。
 この「小正月」というページは、下記のサイトの中にある:
猿島町ホームページ
 
 久保田万太郎の句にも、「鳥総松」を織り込んだ句があった:

 鳥総松霜ふかき日のつづきけり

 下村非文にも、「鳥総松」を織り込んだ句があった:

 又もとの己が日々なり鳥総松

 鳥総松は下記サイトによると、1月の季題(季語)らしい:
季題【季語】紹介 【1月の季題(季語)一例】

 下記サイトでも、前田普羅の句が見出された:
「初めての作句 俳句入門」講座 ◆ 中坪達哉」(北日本新聞文化センター)

 掌(てのひら)に葡萄(ぶどう)を置いて別れけり

 上掲サイトには、前田普羅の碑文が載せられている。転記する:

「わが俳句は俳句のためにあらず さらに高く深きものへの階段に過ぎず」
 なるほど、最後の最後に至って、鉄槌を食らったような気分だ。
 お前如きが、前田普羅の句の鑑賞などを綴るな、ということなのか。

 いずれにしても、そろそろ切り上げ時なのだろう。


[富山は立山をいただく町の光景を吟じた句を「赤とんぼ。」さんに教えていただきました:

 立山のかぶさる町や水を打つ

 この句については、「会報「商工とやま」平成14年10月号 立山と富山(13)  立山のかぶさる町や」(立山博物館 顧問  廣瀬  誠(元県立図書館館長))を覗くと参考になる。この頁には、下記の句も載っていた:

 雪の夜や家をあふるる童声
 オリヲンの真下春立つ雪の宿

                   (05/03/29 追記) ]